トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  東北大震災  >  生活情報 / 宿泊・風呂

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

生活情報 / 宿泊・風呂

2011年03月21日

河北新報 http://www.kahoku.co.jp/news/2011/03/20110321t75031.htm

 ●宮城県のまとめによると、県内で日帰り入浴(タオル持参)が可能な施設は84、公衆浴場2。ホームページの生活関連情報のコーナーで営業時間やシャワーの有無などの情報を掲載している。
 仙台市内の入浴や宿泊施設に関する情報は仙台観光コンベンション協会022(268)6251、遠刈田温泉(蔵王町)に関する情報は町農林観光課0224(33)2215、町観光協会0224(34)2725などで提供している。
 ●岩沼屋(太白区)は午前11時~午後3時、日帰り入浴を一部再開した。先着400人に整理券を配布。入浴料500円。タオル持参。シャワー不可。下水の関係でシャンプー、せっけんの利用自粛を求める。連絡先は022(398)2011。
 ●サウナ&カプセルキュア国分町は21日、営業を再開する。水は出るが、入浴・サウナは不可。1泊2000円。連絡先は022(713)8526。
 ●スポーツクラブ「グラン・スポール八幡店」(青葉区)は21日、シャワー室を一般開放する。午前9時、先着400人に整理券を配り、午前10時~午後2時に営業。タオル持参、1000円。22~24日は営業時間を変更する。連絡先は022(266)8871。
 ●スーパー銭湯極楽湯名取店が日帰り入浴(タオル持参)を再開した。21日午前8時、先着1900人に整理券を配り、10時から営業。入浴時間は1人30分。サウナ、露天風呂などは利用不可。入浴料500円、小学生以下無料。
 ●やすらぎの湯ゆっぽ(白石市)は午前10時~午後3時まで日帰り入浴(タオル持参)。露天風呂、サウナの利用不可。一般600円、小学生300円。連絡先は0224(22)5526。
  ●鳴子温泉郷観光協会のまとめによると、日帰り入浴ができる施設は鳴子温泉18、東鳴子温泉12、川渡温泉8、鬼首温泉5、中山平温泉12となっている。原則としてタオル持参。燃料不足のため、シャワーが使えない施設がある。宿泊できるホテル・旅館も増えている。連絡先は0229(83)3441(午前8時半~午後5時)。
 ●鳴子天神(大崎市)は素泊まり1泊3500円で被災者の宿泊可能。日帰り入浴(午前9時~午後6時)は一般500円、小学生250円、幼児無料。連絡先は0229(83)3155。

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

リンク

河北新報ニュース

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。