トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  日記  >  レイジング・ブル

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

レイジング・ブル

2009年12月11日


1980年、アメリカ作品
マーティン・スコセッシ監督
ロバート・デニーロ主演


ジェイク・ラモッタという史上最もタフな
ボクサーと言われている人の自伝をもとにした作品

くせの強い、エキセントリックな人物を
デニーロが相変わらず見事に演じてます。

この映画の有名な逸話は、
デニーロが役作りのために体重を30kgくらい
増減させたこと。

ジェイク・ラモッタは、ミドル級のチャンピオン
だったわけだから、Wikiによると
154~160ポンド(69.9~72.6kg)
となるらしい
だから恐らく、70kg~100kgくらい
体重を増やし減らしたということだ

いやはや恐るべし俳優魂
ストーリーの展開に合わせて徐々に
体重を増やしたんだろうな


スコセッシ作品の中でも好きな作品です

このページのトップに戻る

コメント

すいません↑は幼女ではなく未成年でしたね

コメントの編集

スコセッシはレイジング・ブルととタクシードライバーはポール・シュレイダーという脚本家で撮ったんですけど、破壊的な終わり方ですね。

レイジング・ブル ボクシング世界チャンプからスタンドアップコメディアン、幼女と知らず手を出し逮捕

タクシードライバー 13歳の少女を娼館から救い出そうと銃撃戦

そのシュレイダー、三島由紀夫を題材にしたMishima を監督しています。やっぱり破壊的な刹那的なところに惹かれてるんでしょうね。

コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

レイジングブル

2007年のアメリカ映画ベスト100(10周年エディション)の4位は ロバート・デ・ニーロ主演のレイジング・ブル。 これは1997年のアメリカ映画ベスト100では24位でしたので20のランクアップです。 10年間の間に再評価が促進されたようです。 はずかしながら、この映画こ...
DVD&ジャンクション: 2011年05月08日

このページのトップに戻る

リンク

河北新報ニュース

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。