トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  東北大震災  >  生活情報 / 支援

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

生活情報 / 支援

2011年03月31日

河北新報 http://www.kahoku.co.jp/news/2011/03/20110331t15002.htm 

 ●多賀城市は乳幼児のいる家庭に4月9日まで、子供用紙おむつとミルク、お尻ふき、離乳食を配布している。窓口は市役所と四つの市立保育所、私立の浮島、あかね両保育所で午前9時~午後5時(日曜を除く)。

 ●ランドセル製造の協和(東京)は、地震で被災した児童の希望に応じ、全国から寄せられたランドセルを無償で送る。新1、2年には同社の新品、3年以上の児童には、寄付された使用済み製品を修理して送る予定。色は、男児が黒や紺、女児が赤やピンクになる。
 希望は1個から応じ、学校や自治体などを通じて受け付け。他県に避難している場合も通学する学校を通し、申し込み可能という。希望者は、必要数(学年、男女別)、届け先施設、代表者名、住所、電話番号、納入希望日を明記し、電子メールganbare@kyowa-bag.co.jpかファクス03(3866)8932へ。
 詳細はホームページhttp://fuwarii.com/

 ●NECトーキンは、東日本大震災の支援として、宮城県にノート型パソコンや電動機付き自転車など1000万円相当の物資を寄付する。社員による募金も募っており、義援金として送る。
 ●弘進ゴム(仙台市)と日本ゴム履物協会(東京)は、被災地の自治体に長靴などの履物を計5万4000足寄付する。

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

リンク

河北新報ニュース

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。